忍者ブログ
美容ブログです。
02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ダイエットを本能に変えてしまおう!

    “否定的な感情をともなった否定的なイメージは、脳に強くインプットされてマイナスの回路をつくる” イメージと感情をコントロールする、つまり、脳のコントロールのトレーニングを行なうと、誰もが別人のように、目標に対して意識的になります。 プラスの感情を伴うと、プラスのイメージはより強くなります。感情は、意識とは違う本能的な行動に関係しているうえ、そのエネルギーもものすごく強いものです。 だから、本能的に意欲的になり、別人のように積極的になるのは当然といえば当然です。 逆に、否定的なイメージと否定的な感情を持ってしまったらどうでしょう。そしてそれを繰り返してしまったときはどうなるでしょう。 たとえば病気になったり、ケガをしたりすれば、すごく不安にかられます。それが命に関わるものであったりすれば、表現できない恐怖にさいなまれます。 否定的な感情をともなう否定的なイメージに繰り返し襲われるわけです。こうなると、もともと元気で積極的だった人でも、本能の部分で消極的で後ろ向きという人になってしまいます。別人になってしまうのです。 もしダイエットに「つらい」「イヤだ」という否定的な感情をともなう否定的イメージを持っていると、それがあなたの本能的な行動になってしまうのです。 土台のイメージがくずれてしまうのですから、ダイエットが成功することは絶対にありません。 http://www.qwj360.com/
    PR

    血液の流れを改善すれば健康的な肌になる

    肌荒れが生じた場合には、セラミドを摂ってください。セラミドとは角質層の細胞に挟まれて様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。 表皮の健康を保持するバリアのように機能することもあるため、必要量を下回ると肌荒れするのです。 冬が来ると冷えて血液がうまく流れなくなります。血液の流れが良くないと、肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、新陳代謝がくずれてしまいます。 その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。血液の流れが改善されれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的な肌がつくりやすくなります。 プラセンタの効果効用をもっと、上げたいのなら、いつ摂取するかも大切です。ベストなのは、胃に空腹感を感じるような時です。一方で満腹の時は吸収が悪く、摂取しても効果が十分表れないこともありえます。 また、お休み前に飲むのもいいでしょう。人の身体は睡眠中に修復・再生が行われるので、就眠前に摂取すれば効果も高まるのです。 カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択して手を抜かず泡立てて、お肌がこすれ過ぎないようにしてください。力強く洗うと肌に悪いので、ポイントとしては優しく洗うことです。さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿しましょう。 化粧水のみにせず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて用いるようにしてください。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で大事なことです。これを怠ることでますます肌が乾燥してしまいます。 また、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものを選んでください。これ以外についても保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、お湯をあまり高温にしないというのもドライスキンに効果的です。 シルキーカバーオイルブロック

    冬の肌のお手入れは保湿と血流をよくすること

    美容成分がたくさん入っている化粧水や、美容液を使うことで保水力をアップさせることができます。スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧水や化粧品が良いと言えます。 血液が流れやすくすることも大切になってきますので、ストレッチやウォーキングなどを取り入れ、血の流れを、改善することが必要です。 水分不足が気になる肌は、日々顔を洗うこととその後の潤い補給を正しい方法でやることで、より良くすることができます。お化粧をしない日はないというあなたには、毎日のクレンジングから変えてみましょう。 メイク落としで気をつける点は、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌にとって必要な角質や皮脂は取り去らないようにすることです。いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い季節になると、カサカサになってしまうこともあるので、洗顔の後や入浴の後は化粧水で保水をしっかりしたり、乳液をつけるようにしましょう。 特に寒い季節になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。きちんと保湿を行うことと、血液をよく行きわたらせることが冬の肌の手入れのポイントです。 ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」に分類されるゲル状のものです。大変水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、大体、間違いなくヒアルロン酸が含有されています。加齢に従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。 http://portlandroastingblog.com/

    寒い時期のスキンケアは乾燥から肌を守ること

    寒くなると湿度が下がるので、その影響から肌の潤いも奪われがちです。潤いが肌に足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるのでお手入れが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水を普段より気にかけてください。 寒い時期のスキンケアのコツは、乾燥から肌を守ることが大切です。スキンケアで1番大切にしたいのは、お肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。 してはいけない洗顔方法は、お肌のトラブルの原因となり潤いを保つ力を低下させてしまいまう要因になるわけですね。肌を傷つけないように優しく洗い綺麗にすすぐ、大切なことを意識して顔を洗いましょう。 美容成分が多く取り入れられている化粧水や美容液を使用すると、保水力を高めることができます。スキンケアには、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧品を使用することをおすすめします。 血流を改善していくことも重要ですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血液循環を改善しましょう。もしあなたがプラセンタの効き目を高めたいのなら、いつ摂取するかも大切です。 ベストなのは、胃に空腹感を感じるような時です。それに対して、満腹の時は吸収率が下がり、仮に飲んだとしても、本来の効果を期待できないこともあります。また、お休み前に摂取するのもよい方法と考えられます。 人間の体は就眠中に機能が回復するようできているので、就寝前に摂取すれば効果も高まるのです。
    http://www.sohospital.net/

    カフェイン入りのドリンクは1日2杯まで

    美容のための食事に気をつけている人でも、飲み物のことになると案外いいかげんになる場合がありますが、ある程度の注意は必要です。とくに、カフェイン類は神経興奮物質なので、血管を収縮して、肌への血行を阻害します。 カフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココアなどは、1日2杯までにしましょう。とくに、夜8時以降にカフェインを含む飲み物を摂ると睡眠に影響してしまい、寝ている間の肌の再生を妨げることにもつながります。 深い睡眠を邪魔するカフェインの摂り過ぎは気をつけたいものです。疲労回復を目的にした栄養ドリンクもその多くが、ブドウ糖やビタミン類にカフェインを加えたものです。 成分のブドウ糖はすぐエネルギーに変わるし、カフェインによって一時的に目が覚めるので「元気が出たような気分」になります。しかし、本当の意味で疲労回復がされたわけではなく、錯覚に近い状態です。 カフェインを長時間にわたって多量に摂り続けると中毒症状を呈し、効果が切れるとイライラするなどの禁断症状に陥ることもあります。ハーブティーはノンカフェインでいろいろな美肌効果もあり、オススメです。好みの香りのものを探してみましょう。 シミ消し

    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]