忍者ブログ
美容ブログです。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ダイエットを本能に変えてしまおう!

    “否定的な感情をともなった否定的なイメージは、脳に強くインプットされてマイナスの回路をつくる” イメージと感情をコントロールする、つまり、脳のコントロールのトレーニングを行なうと、誰もが別人のように、目標に対して意識的になります。 プラスの感情を伴うと、プラスのイメージはより強くなります。感情は、意識とは違う本能的な行動に関係しているうえ、そのエネルギーもものすごく強いものです。 だから、本能的に意欲的になり、別人のように積極的になるのは当然といえば当然です。 逆に、否定的なイメージと否定的な感情を持ってしまったらどうでしょう。そしてそれを繰り返してしまったときはどうなるでしょう。 たとえば病気になったり、ケガをしたりすれば、すごく不安にかられます。それが命に関わるものであったりすれば、表現できない恐怖にさいなまれます。 否定的な感情をともなう否定的なイメージに繰り返し襲われるわけです。こうなると、もともと元気で積極的だった人でも、本能の部分で消極的で後ろ向きという人になってしまいます。別人になってしまうのです。 もしダイエットに「つらい」「イヤだ」という否定的な感情をともなう否定的イメージを持っていると、それがあなたの本能的な行動になってしまうのです。 土台のイメージがくずれてしまうのですから、ダイエットが成功することは絶対にありません。 http://www.qwj360.com/
    PR

    カロリーコントロールダイエットとは

    http://visionarycolorado.com/
    ダイエット中は、カロリーコントロールが気になるものです。 カロリーコントロールをするうえで大切なのは、食事などで取り入れる摂取カロリーと、運動や日常生活での動作、生体維持活動によって消費する消費カロリーのバランスを理解することです。 食事を減らしたつもりでも、上手にカロリーコントロールできていないとダイエットはなかなか成功しません。 ダイエットには、栄養バランスが良く低カロリーな食事をとって適正なカロリーコントロールをおこなわかねればなりません。 そうは言っても食材ひとつひとつの栄養やカロリーを毎回計算するのは難しいし、そんな必要はありません。 高カロリー食材と低カロリー食材の最低限の知識くらいは把握しておくと役立つでしょう。 カロリーコントロールは、上手にコントロールすることであって、低く抑えればよいというわけではありません。 人間の体は、極端に摂取カロリーが少なくなるとできるだけエネルギーの消費を抑えて脂肪を溜め込みやすい状態になり、代謝は低下してしまいます。 健康的にダイエットをするには、代謝を高めることが大切なので、カロリーオーバーにならないように気をつけながら代謝に必要なカロリーはしっかり摂取しましょう。 食事でのカロリーを極端に減らして空腹に耐えても、脂肪を溜め込みやすい体質になっては本末転倒です。 ダイエット効果が出やすい体質を目指しながら適度なカロリーコントロールをおこなうことが大切です。

    下半身ダイエットを効果的に行う

    下半身のボリュームを気にして下半身を集中的にダイエットしたいと思っている人は、ヒップと太もものシェイプアップを重視したトレーニングやエクササイズをおこないましょう。
    ダイエットによって体の一部だけを引き締めることはなかなか難しく、期待通りの結果を出すのは困難です。
    体脂肪量が多い人は、体重の増減が起きやすいといわれていますが、下半身は特にサイズアップやたるみが出やすいものです。
    しかし、その反面で比較的ダイエットの効果が実感しやすい部分でもあります。
    ダイエットで下半身を引き締めるには、大腿筋の強化をメインとしたダイエットプランを立ててみてはいかがでしょう。
    背筋を伸ばして正しいフォームでウォーキングをすることで、お尻だけでなく下半身全体のゆるみを正す効果も期待できます。
    脚の筋肉をしっかり動かすには、お風呂に入った後、筋肉が柔軟な状態でストレッチやエクササイズをするのがおすすめです。
    下半身はむくみによって太く見えたり、むくみを放置することによって脂肪がついて太くなることがありますので、立ち仕事や、座りっぱなしのデスクワークをしている人はマッサージも日課にしましょう。
    むくみの解消は体重減少の方法とは少し違いますが、むくみがなくなると脚は確実に細く見えます。http://loveair.webcrow.jp/

    下半身ダイエットのポイント

    ダイエットして下半身を引き締めたいと思っている人はたくさんいます。
    ダイエットといえば食事制限ですが、それだけでお尻や太ももを細くするのは難しいでしょう。
    世間ではいろいろなダイエット法がブームになっては消えていきます。取り組んだすべての人が必ず成功できるというダイエットはありません。
    数あるダイエット法から、自分の生活スタイルや性格、目的に合う方法を実践することを重視することが大切です。
    痩せるためには、摂取カロリーと消費カロリーのバランスの改善がポイントです。
    ストレスが大きいダイエットや、無理な食事制限による急激な原料はリバウンドしやすいので要注意です。
    下半身を痩せたい場合、運動の内容が重要になります。
    ストレスをためずに日課にして実行できるような、手軽なエクササイズなどからはじめてみるのが良いですね。
    運動不足によって下半身がたるんできたと感じたら、まずはウォーキングなどの軽い運動で、お尻や太ももの筋肉をしっかり動かすことからはじめてみてはどうでしょうか。
    運動に慣れてきたら、少しずつ下半身の負荷を高めた運動を取り入れましょう。
    ウォーキングの速度を早めたり、歩く距離を長くしたり、ゆっくりのジョギングに切り替えるのがおすすめです。
    身体を動かすことで下半身がきれいに引き締まり、ダイエット成功への近道となるでしょう。http://cocoalocale.com/






        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]