忍者ブログ
美容ブログです。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    肌をいたわり紫外線にも注意

    生理前には、特に肌をいたわり紫外線にも注意する。
    生理前になると、どうしても肌の状態が不安定になり、かさついたりニキビができたり、シミやクマが濃くなるという人がいます。
    体調も、精神状態まで不安定になる人もいます。
    これは、排卵後に出てくる黄体ホルモンの影響が大きいのですが、普段の生活が不規則だったり、ストレスが強かったりすると、その影響もより強く現れます。
    体質的に、ある程度はしかたのない部分もあるのですが、なるべく緩和するためには、どうしたらよいのでしょう。
    まず、スキンケアをするときは、なるべく敏感肌用の化粧品を使いましょう。
    生理前にニキビができるからと、ニキビ用の化粧品を使うのは危険です。
    肌が普段よりも弱くなっていると考えてください。
    美白などの積極的なお手入れは、あまりせずに、最小限の保湿のお手入れにとどめたほうがよいでしょう。
    ただし、しみはできやすい時期なので、紫外線には気をつけましょう。
    また、普段の生活をなるべく規則正しくし、運動などもすることです。
    血行不良は、生理前の不調を一層ひどくするからです。
    血行不要の人を、東洋医学ではお血体質というのですが、お血体質の人は、生理に伴う症状が重く、頭痛、肩こり、肌荒れなども起こしやすいと言われます。
    このような症状に思い当たるところがある人は、冷たい食べ物を避けるようにし、カードルなどで体をしめつけることもやめましょう。
    タバコは厳禁です。
    生理だからとあきらめないで、普段の心がけでだいぶ症状は緩和できます。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]